頭皮の炎症を抑える成分が配合されたシャンプーを使おうの情報ページ

頭皮の炎症を抑える成分が配合されたシャンプーを使うとよい?

炎症を抑える成分

グリチルリチン酸は抗炎症作用が強く、化粧品やクリームなどといったものに幅広く使用されていますがステロイドの効果があるといわれ、長く使っているとホルモンの分泌がおかしくなり、お肌や頭皮などに悪影響を与えたり、むくみが出たりといった報告があります。

 

特にお肌が敏感肌や乾燥肌の方で、長く処方薬を塗布していたという方は育毛剤購入の際には成分確認を怠らないようにし、非ステロイド成分配合の育毛剤を選択するようにしましょう。

 

頭皮の炎症が起きている場合などで、頭皮の湿疹や脂漏性皮膚炎で抜け毛が出てくる脂漏性脱毛症があるときは育毛剤で頭皮の炎症が抑えられている成分が配合されていても育毛剤を使用しない方が良いかもしれません。

 

また頭皮の炎症を抑える成分のグリチルリチン酸などは頭皮ケア向きのスカルプシャンプーで配合されていることも多いので、育毛剤よりも日々使用するシャンプーを刺激の少ないシャンプーに変えて、その中で頭皮の炎症を抑える成分が配合されているのを選びましょう。

頭皮の炎症を抑える成分が配合されたシャンプーを使おう 記事一覧

頭皮の炎症を抑える成分が配合されたシャンプーを使おう 先頭へ戻る