ノンアルコールや自然派の主な定義とかある?の情報ページ

ノンアルコールや自然派の主な定義について

ノンアルコールや自然派の主な定義

例えば、植物エキスを抽出する場合アルコールを使用することがありますが、この使用目的ならキャリーオーバーと言って表示義務がないため、ノンアルコールと謳うことが出来るのです。

 

それにアルコールの配合量も、化粧品扱いの場合だと割合が低ければ表示する必要はないので、アルコールを配合しているとしてもノンアルコールということになるのです。

 

自然派ということに関してですが、これも明確な定義というものはありません。

 

合成界面活性剤ではなく天然の界面活性剤を合成して使っていたり、着色料などに関しても天然由来のものを使ったりしていれば、それだけで自然派ということができます。

 

つまり自然派だから無添加、オーガニックということではなく、あくまでもメーカーの表示方法の一つでしかないのですね。

 

育毛をするには、頭皮に低刺激で優れた有効成分が配合されている育毛剤を使うのが基本です。

 

ですがキャッチコピーなどで謳われていることをそのまま鵜呑みにしてしまうと、きちんとした効果を得られないこともあります。

 

現時点では育毛剤のノンアルコールや自然派という表示に対しての定義はないので、本当に髪や頭皮に良いものを探すのであれば、表示成分をきちんと確かめましょう。

ノンアルコールや自然派の主な定義とかある? 記事一覧

ノンアルコールや自然派の主な定義とかある? 先頭へ戻る