ストレスと脱毛の関係は?の情報ページ

ストレスと脱毛の関係は深い?

ストレスと脱毛の関係

遺伝的な抜け毛は多いですが、ストレスによる影響は大きいと言われています。ミノキシジルにも血管拡張作用がある事は知られていますが、ストレスで交感神経が過剰になると血液循環は悪くなりがちです。

 

良い発毛剤を使用しても効果がなくなりやすくなります。特に自律神経系のバランスを崩しやすいのがストレスですが運動を行うと交感神経を使用します。夜寝ている時は副交感神経が働きます。

 

交感神経が働いている時は主に体は活動的ですが、内臓などは働きにくい状態です。夜睡眠中の時は副交感神経が優位になるので内臓などの働きなど良く体の内側が働きやすい状態です。

 

特に内側から外側に使用が運ばれてきますので発毛剤などシャンプーを含めて外側のケアがどうしても抜け毛が多くなるとケアして行きがちです。やはりストレスケアをしていくことが大切です。ストレスケアで運動はありますが、交感神経を自発的に使用すると副交感神経が働きやすくなります。

 

ただ発毛の為だと言うちょっと脅迫的な観念で始めると自室神経系のバランスはうまくいかないので継続して行きながら無意識で行えるレベルまで行えるようにすると本来であれば良いです。また運動後のケアを適切に行う事で副交感神経が働きやすくなります。

 

ストレッチなどは結構形だけしっかり行いがちですが、筋肉の伸張具合を確認しながら行えるように意識して行くと良いです。運動や食事などは間接的でも直接的でもありますが、目に見えて成果が上がる事はないでしょう。

 

ただ発毛でももうですが、体の一部なので基本は運動と食事を上手くバランスよく行っていくことが大切です。

ストレスと脱毛の関係は? 記事一覧

ストレスと脱毛の関係は? 先頭へ戻る