生え際はなかなか育毛剤の効果が出にくいの情報ページ

生え際は育毛剤の効果が出にくい?

育毛剤の効果

男性の脱毛いって思い浮かぶのが男性型脱毛症、AGAです。

 

このAGAは生え際や頭頂部から薄くなってくというのが特徴です。そして、生え際からの薄毛は特に改善するのが難しいと言われています。しかしだからといって納得できるわけではありません。

 

生え際の薄毛や抜け毛を改善するために、効果的な育毛剤を探しているという人もいるのではないでしょうか。

 

そもそもなぜ髪の生え際は頭頂部よりも改善しづらいのでしょうか。まず、AGAの原因について説明したいと思います。AGAの原因はDHTという男性ホルモンであると考えられており、このDHTは男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつく事で作られます。

 

髪の生え際は頭頂部よりこの5αリダクターゼという酵素の働きが強く、頭頂部よりDHTの影響が大きいことが髪の生え際の薄毛が改善しづらい理由のひとつだといえます。

 

また、髪の生え際は血管が少なく髪に栄養が届きにくい場所であるといいます。ですから頭皮や髪に栄養を与えても、有効成分を与えても、改善しにくいのだそうです。

生え際はなかなか育毛剤の効果が出にくい 記事一覧

生え際はなかなか育毛剤の効果が出にくい 先頭へ戻る