最近よく耳にするFAGAとは?の情報ページ

よく耳にするようになったFAGAとは?

よく耳にするようになった

FAGAとは、女性特有の脱毛症のことです。

 

Female Androgenetic Alopeciaの略称であり、男性特有の脱毛症であるAGAと似たものですね。

 

AGAは日本語にすると男性型脱毛症と呼ばれており、FAGAは女性男性型脱毛症と呼ばれます。

 

女性男性型脱毛症と言っても、その症状はまったく異なっており、男性型脱毛症が局所的な脱毛が増加するものだとすれば、FAGAは頭髪全体が薄くなっていくのが特徴です。

 

近年ではFAGAを発症する女性が増えていることもあり、ヘアケア商品なども多く販売されています。

 

FAGAの大きな原因としては、体内の女性ホルモンが減少してしまうことがあげられます。

 

女性の身体は年齢と共に大きく変わっていくものですが、特に閉経が訪れる年代にさしかかってくると、女性ホルモンのバランスが大きく乱れてしまうのです。

 

一般的に更年期と呼ばれる時期のことですが、日本人女性は平均すると45歳〜55歳前後に起きることが多いでしょう。

 

ただし、最近では過剰なダイエットや慢性的なストレス、食生活の乱れなどから20代や30代であってもホルモンバランスが崩れてしまう人も多くいるので、十分な注意が必要です。

 

FAGAの場合、その多くは先ほども書いたように頭髪全体が薄くなっていくものなのですが、女性ホルモンの分泌が減少し男性ホルモンが優位になることでAGAである男性型脱毛症と似た症状を発することもあります。

最近よく耳にするFAGAとは? 記事一覧

最近よく耳にするFAGAとは? 先頭へ戻る